知ること

排卵日を自宅で簡単に調べることが出来るので、妊娠を望む女性には、とても便利な検査薬です。 排卵日を知るためには、基礎体温計で毎朝基礎体温をはかることが必要です。 基礎体温だけでは確実に判断できないので、排卵検査薬を合わせて使うとより良いです。 排卵検査薬は、尿をかけて結果を待つだけで自己判断ができます。 特徴としては、妊娠検査薬に形状が似ています。 使い方は、一回の検査結果で判断はせず5日〜7日位続けて行うことで排卵日を割り出せます。 毎月、生理周期がきちんとしている方は排卵日を把握しやすいです。また、体質にもより排卵日前後が体調でわかる女性もいます。 排卵日を気軽に知りたい・病院に行く時間が作れない方には、便利な検査薬です。

排卵検査薬は、2009年の薬事法改正により「薬局医療品」になりました。そのため、一般的なドラックストアでは購入できなくなりました。 買う事ができる場所は、ドラックストアでも処方箋の取り扱いがしているドラックストアや調剤薬局で購入が可能です。 2009年の薬事法改正以降2014年6月の間までは、購入する際に 名前や住所などの記入手続きが必要になりました。 そのため、お店で買うことに抵抗がある人が増えました。 2014年6月に再度法改正があり現在は、書類の記入はなくなりました。 それでも店頭で購入するのが抵抗ある方は、インターネットでも販売されているので利用しやすいです。 排卵検査薬には、外国製のものもあり、インターネットで購入ができます。日本製に比べて値段が安いことから、まとめ買いをする方が多いです。 色々な排卵検査薬があるので 使いやすくご自分に合ったものを見つけて下さい。

医者の診断を受けている産婦人